強大な能力を持っているヒロインやお使い男性との組み合わせはずっと多くの人気アニメの標準だ。男性は平凡で超能力を持たない学生(涼宮ハルヒシリーズなど)で、またいくつかの魔力を持つ(ゼロの使い魔、未来日記、最強会長黒神など)。しかし男主の必要な設定は主人公にドキドキ胸の恋心、年齢は高校生くらい。こういう設定に皆さんに満足できる「たとえダメな私も強いヒロインと一緒に笑って、女の主人公は私を守ってくれるなど素晴らしいの願い。
  いったん男の主人公はこの「必要」設定を捨てた以上、女のヒロインもサブヒロインも興味がなくて、年齢も青春の範囲を超えた、このアニメはまだウケるのか?

  私の予想を超えた、このような設定は意外に超面白い!
  四月の最強の番組の一つ『アリスと蔵六』を推薦させて頂くわよ!

以前にも紹介してきたので、このアニメの男性の主人公は何とか白髪ばかりのお年寄りであり、強い超能力を持っている女のヒロインアリスに対して、彼は何の特殊のところも持ったない以上、アリスが超萌えでツンデレの一面を表現された時、彼は意外に受け入れない!またひどく言い返してしまった!次は私はこのアニメの具体的に何かの特別なところを紹介させて頂く。

  超能力は何のものだ、目上の人が目上の人です!直接に頭を触る設定を頭を押さえつけることに変わった。

第1話は、冒頭の格闘シーンはとても綺麗で、動作が優美で流暢なリズムがコンパクト、余計なシーンもない。金髪のポニーテールの女のヒロインは従の記憶があるから超能力の研究所に実験の対象と扱わされた。実験室の非道な手段を受けて、ヒロインは研究所から逃げ出して、道で追い掛けされる。現実世界の生活経験のない女のヒロイン、逃げ出す途中で偶然に会った蔵六おじいさんに「取引」の要求を提出した。彼女の使い走りになると、超能力で蔵六の一つの願いを叶わう。
  普通に、女のヒロインの萌えと超能力を見たら、女のヒロインは少しひどい性格でも、男性のヒロインは基本的に彼女の要求を全面的に受け入れる。しかし蔵六のおじいさんは

それを気にならない、女の主人公の頭を押さえつけて、容赦もないのまま重要な世界観の教育を行った。研究所から逃げてきたばかりの女の主人公にとって、これは『ウルヴァリン』に教授が小狼の女主人公に対する心を癒すところと少し似っている。

取引だの願い事だのにも興味はない。人間、手前の手の届く範囲のことだけきっちり考えればいいんだ

「いいか、俺は曲がったことが大嫌いなんだ」

「研究所だの実験だのなんてのは大人が解決する問題だ。お前さんはまず自分のひねくれた根性を直せ」

友達が大切なら友達のことだけ考えてやればいい

  蔵六のおじいさんの世界観、人生観、価値観は積極的な思想はいっぱいで、魂の洗礼!すごく感動した。

ストーリーを見ると、この目測は特に複雑ではない。しかし完全に近道を通わないのメインシナリオが入念である感動は、『アリスと蔵六』の魅力だ。