一、超大型巨人

ベルトルト・フーバー。ライナー・ブラウン、アニ・レオンハートの同郷、長い時間の付き合いで三人の間に強い絆が生み出した。性格が温和だが、積極性を欠く、目立たない。訓練兵団104期の中で第三名として卒業した、後は調査兵団に入った。漫画84話で巨人化になったアルミンに食べられて死んだ。

正体は超大型巨人だ、マーレ政府のスパイの同郷三人組のメンバーの一人だ。845年から壁を破壊することを始めった、目的は全てのエルディア人間を消滅することだが、後はエレンを連れ出すことに変えた。


二、巨人のエレン
エレン・イェーガー。かつてシガンシナ区に生活した少年。ミカサ・アッカーマンとアルミン・アルレルトは幼馴染で、仲が非常に良いだ。強靭な精神力と非凡な行動力があり、壁の外の世界に人一倍憧れを持ち、小さい頃から調査兵団に入るのは志望だ。
目の前で母親が巨人に食べられた後、全ての巨人を駆逐することと誓った。強い意志を抱いて自分を傷つける際に最大15メートルの巨人に変身でき、黒い髪で緑の瞳だ、精霊みたいな鋭い耳を持ち、頑健な筋肉が全身に満ちている

三、鎧の巨人
鎧の巨人は、日本のアニメ「進撃の巨人」の仮想のキャラー。作品の中で、845年、彼は超大型巨人と同じく確実に存在する巨人を確認される。正体はライナー・ブラウンで、高さは約15 mで、かつてマリアの壁の城門を破壊した。

強大な攻撃力と鉄壁のような防御力を持っていて、普段は全身硬化の状態を持ち続けて、刃も貫けない。ただ素早く行動になった時、膝の裏側の鎧を脱いた。正体を明かし、エレンと戦う、最初は力と鎧を頼って一度エレンを抑えた、その後、アニに教わった格闘術を駆使し出したエレンの反撃により追い詰められ、敗北寸前に超大型巨人から救われた。

四、車の巨人
身長は15メートル。漫画81話で、獣の巨人を救った後、喋る形で、残りの巨人にリヴァイを止めることを命令した。他の巨人と違うところは、歩く時は4匹の足で歩く。荷物を運ぶことができる。意識を持つ巨人。

五、女型の巨人
アニ・レオンハート。ライナ・ブラウン、ベルトルト・フーバーの同郷で、マレー政府から派出したスパイで、城壁の外から来た人。長い間の付き合いで三人の間に強い絆がある。性格はクールで無口で落ち着いて、外見は強くて中身が柔らか。とてもすばらしい格闘術を持っている。正体は女型の巨人で、同郷の3人組のメンバーの一人だ。


六、顎の巨人
91話で、顎の巨人が初登場し、「9つの巨人」の一つで、巨人の力を持って、知恵の巨人だ。

七、猿臂の巨人
漫画第40話に登場し、正体はユミルで、身長が7mだ。他の巨人に比べて体が高いとは言えないが、行動が非常に速いだ。手が長いのが、足が短い、動作が機敏で、鋭い歯がある。噛む力はすさまじい。


八、獣の巨人
漫画第35話に登場し、正体はジーク、顔がテナガザルと似っている。体毛を全身で覆う

めったにない巨人。手も足も長くて、全身に覆っている体毛を加えて、様子は猿人みたい。

手が膝以下に接触し、獲物を捕らえると登るのが得意そうです。身長が17mで、高い知恵を持ち、超遠い距離から巨石を投擲して目標を打つことができる。また、人間を普通の巨人に変えて、彼らが夜にも行動することはできる。