最近、『ゼロから始める魔法の書』というアニメを評価することが少ない!見ないと知らなかった。このアニメは多くの話数を見るほど、引き込まれっている。さらに凄いのは、アニメは第八話まで放送されているところ、ライトノベルの第一巻の内容はまだ終わらない。

 

いろんな冒険を経験した後、傭兵とゼロはやっと王都に来た。ここを見た観衆は疑問があるかもしれないが、十三番というキャラの設定はめんどくさくないではないか?矛盾ではない、めんどくさいだ。是非を問わずに世界中の魔女を殺すつもりのスーパーの適役と言えるが、同時に妹のゼロの命は世界の全てのものにより大切だと思っている人だ。ゼロの裸体が彼に見られてしまった気持ちが良くない人がいるかもしれないが、このクソ野郎はゼロと傭兵の関係を離間した上で子安武人という声優がいるのはめっちゃクソだが、最終は彼はゼロの兄である。

 

十三番と出会った際に、ゼロと彼は本来魔法で戦っているが、ゼロが傭兵の箭の傷の影響で、十三番はすぐ戦いを止めて下手な治療魔法でゼロを救った。彼は元々妹のためにゼロの書を取り戻すつもりだが、現在、妹はこういう殺人の方法で完成することをしたくないと言った、彼は妹の意見を無視して自分のやり方を通す上、妹を拘禁した。この兄は一体どういうことでしょうか?まるでこの二人は各自身の執着があるようだろうか?だから、キャラの表情は非常に豊富だ。だが、この全ての理由は本巻の最後で説明する。みんなは当てると思っている。アニメはこの一巻の内容はどの話数までに完成するのか分からないが、一応見るだけだ。

 

こういう改編のようになったら、このアニメのストーリーの密度は凄く広いだ。ライトノベルの第一巻は序章から最終章まで全部八つの章節がある。今のところ、アニメ第八話はただちょうどノベルの第五章の内容を語った。つまり四の三の長さだ。実はこれは不思議だ、一般的に、ライトノベルにより改編したアニメには、八話の長さは二三巻の内容を語ることができるのに、本作は同じくない、アニメは本当にストーリーをよく語る。だって、アニメの中にはたくさんのノベルが略した細部がある。
とても可笑しいだろう、いつもアニメは原作を壊すということを言って、それはアニメはノベルのある部分を再現しなかったので、今回まったく逆になった、ノベルはアニメのあるシーンの細部を書くことがない。

もちろん、それに対して、アニメにもライトノベルと異なるところがある、若しくは表現しない細部がある。