アニメにはたくさん争議ありのキャラがある、一体正義なのか?それとも邪悪なのか?これらの不思議な人物を見てみよう!

1.『BLEACH』(ブリーチ) 市丸ギン
市丸ギンの出番はたくさんではないが、最初は皆は悪いやつだと思われたが、結局スパイである。しかし、このスパイは一体どこまで役に立つのはまだ確認できない。人に残った印象は彼はスパイとしての死亡ではなく彼と乱菊の愛情だ。

 

2.『Re:ゼロから始める異世界生活』ナツキ・スバル 菜月昴
リゼロは大人気なアニメだ。男の主人公に対する、好きと嫌いは半々だ。最初の表現は臆病などは理解できるが、普通の人としてこのような困難の環境には崩壊になる、少し尊敬できる。だが、レムがいるのに、心の中にはエミリアを思っている、これはやはり我慢できない。

3.『新世紀エヴァンゲリオン』碇ゲンドウ
碇シンジの父親として、シンジのことは何も聞かない。人類補完計画とEVA研究計画の責任者として、自分の夢だけ追求している。自分の息子を利用している、息子には非常に冷たいだ。でも、シンジのそばにいても彼を傷付けるだけが、それなら彼より離れるという言葉から、司令官の後ろめたい思いを見える、実は心の中にはシンジのことが愛している。

 

4.『Fate/Zero』衛宮切嗣
切嗣の子供時代は明るいはずだが、鬼父の影響で残酷な魔術師殺しになった。全ての人を愛しているが、全てのだれでもを殺す覚悟がある。最後には夢を捨てられた、なんか悲しいことだ。

では、多くの人は彼を好きではない、それは、彼は価値観は世界が平和になる理想家だが、実は夢を叶う際には残酷な現実者だ。それでも、彼は衛宮士郎の父である。

 

5.『コードギアス 反逆のルルーシュ』ルルーシュ・ランペルージ
ルルーシュは畢竟世界を抗っている。彼の偉い計画のためには、たくさんの無辜の人を犠牲した。例えば、異母妹のユーフェミアなど。ルルーシュを同情しているが、綺麗で優しくて彼を信じる人々を傷つけたのは話にはならない。

 

6.『リトルウィッチアカデミア』アツコ
主人公は魔力がないのに、なんのことにも関わるので、時々自分の力を無視して面倒なことに関わって仲間にも迷惑をかけた、その原因で多くの人は彼女には好意を持たないが、彼女は少しずつ頑張ている、まだまだ進歩なところがある、これは許すことができる。

 

『ナルト』のうちはサスケ、『さくら荘のペットな彼女』の神田空太、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のキラ・ヤマトなども争議があるキャラだ。でも、争議があるキャラはいつも人に深い印象を与えた、世間の人にもよく討論している。このキャラは永遠に人々の心の中には残っているだろう!