ヒーローがある場合には必ず悪役組織も伴に存在している。しかし、ある悪役組織は自分の使命に違背して観衆の好感を得て大人気の存在になってしまった。

NO.1 ロケット団『ポケットモンスター
ロケット団は子供時代に最も素晴らしい敵である。彼らは毎度失敗してもやり直すの不屈の精神を代表している。もちろん、空に飛び込んだ際の「やな感じ〜!」も好きになった。次回、彼らも派手に出番することがある。主人公の旅も永遠に寂しくないだろう!

NO.2 暁『NARUTO -ナルト-』
組織は最初には自来也の弟子で創建している。元々は雨隠れの里の弥彦、長門と小南で作られたが、弥彦はリーダーである。当時の暁組織はただ雇用の組織である。初心は対話により争いをなくして、忍者の世界が平和になることだ。

NO.3 破面( アランカル)の十刃(エスパーダ)『BLEACH
十刃は死神と対立面に立っている虚(ホロウ)であるが、力が天井になる際に立場は個人の存在価値を代表してないことを言わざるを得ない。例えば、ウルキオラ・シファーは最後に消えた前に人間が言っている心の意味を悟る。また、アランカル・セスタであるグリムジョー・ジャガージャックはずっと黒崎一護と公平な戦いを気になっている。

NO.4 鬼兵隊『銀魂
鬼兵隊は攘夷時期と幕府時期を分けっている。リーダーとも高杉晋助である。攘夷戦争は言わないが、松陽先生が殺されたら、鬼兵隊は殆どのメンバーが殺された。全てが血の海に沈んでいた。今の鬼兵隊は高杉晋助自分が言うように、一番徹底にこの臭い世界を壊すだけで、影のように自分を纏めている松陽先生が殺された恨みを消すことができる。

NO.5 真6弔花『家庭教師ヒットマンREBORN!』
ミルフィオーレファミリーのリーダーである白蘭は組織した6人の真のマーレリング守護者である。ボンゴレリングと同等な力の超強いマーレリングを持っている。73ポリシーの遂行を目論むのために、世界の各地から実力が非常に強くて、平凡人の“覚悟”を超えた人を見つけて、彼らは各並行世界には世界の征服者である。凄く白蘭に忠誠が持っている。

NO.6 幻影旅団『HUNTER×HUNTER
幻影旅団のメンバーはいずれも流星街出身。これはゴミだらけの街だ。捨てられていた人々が住んでいる。旅団は常にやることは強盗や殺人だ。偶には慈善活動もする。流星街には軍事力の主要な資金をサポートしている。彼らは望むものを全て奪うために、大きに殺すことができる。全員は念能力を熟練に使用している。究極的な悪であるが、冨樫による個性鮮明な人々である。